置き換えダイエットはいつすれば効果的なのかについて

 

置き換えダイエットはいつすれば効果的なのかについては、いろんな意見があります。

 

<朝がよいという主な理由>
朝のあわただしい時に、さっと飲めて(食べて)出かけることができる。

 

<夜がよいという主な理由>
3食の中でおそらく一番多くの食事をするから。

 

<昼はダメという主な理由>
お腹が減って午後の活動に影響する。

 

夕食までの時間が空きすぎて、夕食を一気に食べてしまうと血糖値が急上昇します。

 

血糖値が上がるとインスリンが大量に分泌され、消化されなかった糖は脂肪になるというのも、昼はダメという理由です。

 

 

置き換えダイエットはいつ?夜だと・・・

夜が一番カロリーを摂取するでしょうが、例えば、家族が楽しく食事をしている中、自分だけ置き換えダイエット用のものを飲んでいる(食べている)姿を想像してみてください。

 

また、友人や仕事仲間と夜ご飯に行ったとしても楽しくありませんよね。

 

寝る前にお腹が空いて眠れないことも・・・。

 

食べられないことがストレスとなり、ストレス太りになる可能性があります。

 

夜の置き換えダイエットは、続かない傾向にあるようです。

 

 

朝が効果的?

夜寝ている間も脳は活動しているので、朝の脳はエネルギー不足になっています。

 

脳は1日の全エネルギーの約4分の1を消費すると言われています。

 

朝の脳がエネルギー不足の状態だと、集中力や記憶力が低下し、午前中の仕事や勉強に影響します。

 

なので、朝には通常の食事をして、エネルギーを補給する必要があります。

 

具体的には、ご飯(米)などの炭水化物を食べることによるブドウ糖の補給です。

 

 

じゃあ、残るはお昼?

 

はい、おすすめはお昼です。

 

エンリケこと小川えりさんもお昼に置き換えダイエットとしてクレンズキャンプを飲んでいます。

 

ただ、小川えりさんは、夜に働く仕事をされていますので、必然的にお昼になったのかもしれません。

 

 

夜ご飯までの空腹感を克服すればいいのですよね。

 

それなら腹持ちのいい置き換えダイエット食を補給すればOK!

 

満腹感のある食材として、グルコマンナンが最適です。

 

別名コンニャクマンナンとも呼ばれています。

 

グルコマンナンは、胃の中で水分を吸収するとぐんぐん膨らみますので、満腹感が得られます。

 

酵素、スーパーフード、ビタミンなどをプラスすれば、栄養分を補給できます。

 

ヨーグルトもおすすめです。

 

 

そうは言っても、ぜったい「お昼」と決めなくても、「今日は友人とお昼ご飯を食べたから、夜に置き換えダイエットをしよう」というぐあいに、ゆるめに決めた方が長続きしますよ。

 

 

グルコマンナンの置き換えダイエット食なら

クレンズキャンプ

↓ ↓ こちら ↓ ↓

https://cleanse-camp.com/

 

 

なぜ置き換えダイエットをやめたらリバウンドするの?

置き換えダイエットを始めると、順調に体重が減っていきます。

 

しかし、食事制限によりエネルギー源が少なくなってくると、生命維持装置が働き、体重が減らなくなります。

 

ここでダイエットをやめて元の食事にもどすと、エネルギー消費量も減っていますので、余分な脂肪が蓄積されます。

 

また、体重の減少とともに筋肉量が落ちています。

 

筋肉量が落ちると代謝の低下につながり、リバウンドしやすくなります。

 

さらに、ダイエットをやめた開放感から食欲が増し、食べ過ぎてしまうのもリバウンドの原因です。

 

 

リバウンドしないためには

1.短期間で急激なダイエットをしない。

 

2.栄養素をしっかり摂る。

 

3.適度な運動をして筋肉量を保つ。

 

 

置き換えダイエット飲料「クレンズキャンプ」については、トップページに書いていますので、興味のある方はチェックしてみてください。「クレンズキャンプの効果でまさかの−3.5kg!という口コミが・・・

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加