クレンズキャンプで痩せないってどういうこと?1杯何カロリーなの?

 

クレンズキャンプで置き換えダイエットをしても「痩せない」という口コミがあります。

 

クレンズキャンプで痩せない理由は様々だと思うので、一概には言えませんが、後ほど説明します。

 

その前に、クレンズキャンプは1杯何カロリーなのかを確認しておきます。

 

 

 

クレンズキャンプのカロリーは、水で溶かすだけなら、1杯20kcal以下です。

 

20カロリーというと、一般的なリンゴ1個の4分の1以下です。

 

 

身体活動レベルが普通の人で、成人女性の1日に必要なカロリー量は、1900〜2000kcalです。

 

※身体活動レベルが普通の人:座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む場合

 

これからすると、クレンズキャンプの1杯20カロリー以下というのが、いかに超低カロリーかがおわかりかと思います。

 

 

わずか20カロリーを1食とするのですから、痩せると考えるのが普通だと思います。

 

では、なぜクレンズキャンプで置き換えダイエットをしても痩せないのでしょうか?

 

その理由を説明しますが、最初に言いましたように一概には言えませんので、参考にしていただければ幸いです。

 

 

満腹感のある

置き換えダイエット食品

クレンズキャンプの公式サイト

↓ ↓ こちら ↓ ↓

https://cleanse-camp.com/

 

 

クレンズキャンプで痩せない理由

 

クレンズキャンプをご紹介していますが、正直な話をします。

 

食事制限など、食べることが関係するダイエットを始めると、たいていは数日で体重が減ります。

 

ダイエット初期は、体内から水分が減っていくからです。

 

クレンズキャンプによる置き換えダイエットを始めた場合、通常は便通がよくなり、たまたっていた便が排出されますので、その分体重が減ります。

 

 

しかし、クレンズキャンプの口コミを見ていると、「痩せない」という方がいます。

 

痩せない理由として、いろんなケースがあると思いますが、最も大きいのは「油断!」。

 

 

クレンズキャンプのカロリーのところでお話したとおり、クレンズキャンプ1杯分のカロリーは、20kcal以下です。

 

クレンズキャンプを1日に1食置き換えるとして、あとの2食はこれまでどおり食べてもOKということになっています。

 

しかし、空腹のあまり一気に食べてしまうと、血糖値が上がり、インスリンの分泌が増えます。

 

インスリンは糖を細胞に運ぶ役割をしています。

 

糖と脂質を同時に摂取すると、インスリンは脂質を取り込んで体脂肪として蓄積します。

 

これが、クレンズキャンプを飲んでも痩せない理由の一つです。

 

 

また、油断して大食いしてしまうのも痩せない原因です。

 

あるいは、空腹のあまり、カロリーの高いものを間食してしまうケースもあります。

 

 

すべて、クレンズキャンプを過信するあまりの「油断!」です。

 

 

クレンズキャンプで失敗しないためにも

クレンズキャンプ以外の他の2食を食べるときに、ゆっくり食べて血糖値の急上昇をおさえることが大切です。

 

「食物繊維」→「タンパク質」→「炭水化物」の順に食べることで、血糖値の上昇をおさえることもできます。

 

「クレンズキャンプで痩せない理由」で触れていますが、例えば、タンパク質のハンバーグと、炭水化物のご飯を同時に食べると、インスリンがハンバーグの脂質とご飯の糖をくっつけて、脂肪として蓄積してしまいます。

 

※炭水化物は糖質と食物繊維に分けられます。ご飯の場合全体の約37%が糖質で、0.3%が食物繊維です。

 

そう、チャーハン(焼きめし)の方がわかりやすいかもしれません。

 

チャーハンは、油(脂質)でご飯(糖質)を炒めてあります。

 

チャーハンを食べるということは、脂質と糖質を同時に胃の中に入れることになります。

 

脂質と糖質を一緒に食べると、インスリンが脂肪として蓄積してしまう可能性があるのです。

 

 

体重の減少がストップしてしまったら

食事制限のダイエットをすると、たいていは短期間で体重が減ることはお話しました。

 

しかし、順調に減っていた体重がストップしてしまうことがあります。

 

その原因として次の2つが考えられます。

 

<栄養分不足>
食事制限によって栄養分が不足すると、生命維持装置が働き、省エネモードに入って痩せにくくなります。

 

<レプチンの減少>
レプチンは脂肪組織に存在するホルモンです。

 

レプチンには、食欲をおさえたり、脂肪を燃やしてエネルギーの消費をうながすことで、肥満をおさえる働きをします。

 

しかし、ダイエットにより体脂肪が減少すると、レプチンの量も減少します。

 

 

体重の減少をストップさせないためには

体重の減少をストップさせないためには、ダイエット中でも、栄養分をしっかり摂ることが大切です。

 

また、レプチンはインスリンの刺激によってつくられますので、一時的に炭水化物を多めに摂ることで、レプチンの量を増やすことができます。

 

一時的とは、1日か2日程度です。

 

参考:石川英明『食べ順爆発ダイエット』(ワニブックス)

 

 

クレンズキャンプでストレス太りにならないために

クレンズキャンプには栄養分がたっぷり含まれていますので、栄養不足による体重減少のストップが防げます。

 

気をつけることは、糖質を神経質にカットしないことです。

 

厚生労働省によると、脳に必要な1日に必要な糖質は100gとされています。

 

糖質100gは、8枚切りの食パンなら2枚程度、白米のご飯ならお茶碗に軽くよそって2杯程度の量です。

 

夜寝ている間も脳は糖質(ブドウ糖)を消費しますので、朝にブドウ糖を補給しないと、その日はぼーっとして、頭が働かない状態になります。

 

また、体がエネルギー不足になり、1日の活動に影響します。

 

朝食を抜いてはダメというのは、こういった理由からです。

 

なので、クレンズキャンプで置き換えダイエットをするなら、お昼に置き換えることをオススメします。

 

置き換えダイエットをいつすると良いかは、「置き換えダイエットはいつすれば効果的なの?」に書いていますので、よかったら見てください。

 

 

置き換えダイエット飲料「クレンズキャンプ」については、トップページに書いていますので、興味のある方はチェックしてみてください。「クレンズキャンプの効果でまさかの−3.5kg!という口コミが・・・

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加